気になるネット教材

12月23日(日)激うま WIN5の結果

激うまWIN5の馬券術は、なかなか当たらないWIN5をできるだけ少ない資金で大きな配当を狙うものです。
  レース波乱指数 阪神10R:1.56 中山11R:1.93 阪神11R:3.45  中山12R:1.45 阪神12R:3.05   今年の最後のWIN5。 対象レースをみるとレース波乱指数が阪神の方がまずまず高いが、中山が安定していそうなので。大きな配当が出にくいパターン。 基本の作戦としては ①中山の11、12Rは1〜3番人気馬から中山コースで実績のある馬の1頭に絞る。 ②阪神の3レースについては、中山同様に1〜3番人気から1頭、激走馬から1頭のダブルピックアップとする。 ③阪神9Rは波乱指数が低いが、落とし穴もあるので、人気サイドの馬をもう一頭追加。 この組み合わせでも800円なので、阪神11Rにもう一頭激走馬を追加してもOK。 さて、結果は

 

この3日間、大きな配当を三連単で狙い、70万円、50万円の配当をとり損ねていたので、今年の最後の結果として満足。 WIN5は組み合わせを多く買っても無駄買いとなるので、荒れそうな時には、宝くじの感覚で激走馬中心に購入し、かたそうな時は本命サイドにプラス激走馬をスポット的に狙う。 阪神12Rのネオザウイナーの取捨に迷ったが、狙い撃ちにして成功。8通りの組み合わせで23万円は有終の美ということで、来年の金杯に向けての可能性が拡大した。

コメントを残す

関連記事